事務員の1日 -業務の流れ-
賃貸不動産管理事務員の1日

賃貸不動産管理事務員

不動産会社の事務の仕事への転職(就職)を
検討している人のなかには、
一般事務との違いが気になっている方も
いるのではないでしょうか。
ここでは賃貸不動産管理事務員の主な仕事内容を
一日の流れに沿ってご紹介します。

9:00
清掃・メール等確認
出社後はまず、自社ビル内の清掃を当番制で行います。
その後メールや共通アプリを確認し依頼事項を確認します。
忙しい時期は依頼事項の件数も多く、情報を見落とさない様に注意が必要!優先順位の判断も大切です。
10:00
専用システムへの入力
■入居・退去の登録
変更やキャンセルもあるので最新情報を確認し登録します。
契約日・退去日・契約内容から名前の漢字・外国籍方の読み方等細かい所まで確認し入力します。

■公共料金の登録
家主に代わって公共料金を支払っている物件もあります。
供給会社より送られてくる書面を元にPDF保存と家主への請求データを登録します。
ちょっとした入力ミスが、オーナー様の信頼を損なう事となります。入力を間違えない様に落ち着いて作業しましょう。
12:00
昼食
別室で楽しく昼食をとっています♪
営業事務メンバーと一緒に、別室で和気あいあいと食事をしています。落ち着いて食べたい気分の時はオフィスの自席で食べることも、もちろんOKです!
13:00
資料のPDF
各業者から送付されてくる点検報告書や契約書等をPDF化します。
オーナー様に送付する書面や返信が必要な書面等あるので精査し処理します。
様々な種類の書類が届くので、それが何の書類でどのような状態で何をする必要があるのかを的確に判断&スピーディに処理できるかが大切です。
14:00
送金明細の作成
入居者から回収した賃料を家主に送金する為の明細を作成します。
新規契約や退去者・公共料金や工事代金の請求等不備があってはいけないので慎重に処理します。
送金明細に記載する内容を事前に把握しておける様に日々細かな入力作業を行っています。
送金日を意識しながら、収支に関する報告書を作成します。関係業者や営業担当へ最新状況を確認する場合も多く、疑問に思ったことはすぐに相談しましょう。
16:00
新たに受託する管理物件の打ち合わせ
売買にて管理を受託する物件や既存家主様からのご紹介など毎月受託する物件が増えていきます。
入居者の情報や現在の管理会社の情報等を打ち合わせし引継ぎに関する事柄を確認します。
管理戸数は右肩上がり。毎月管理物件が増え続けているので、管理開始に伴う様々な事務業務を行います。
17:30
片付け
当番制にて使用していない部屋の消灯や洗い物、ゴミの片付けをします。
自分の当番が終わっても周りの子に声をかけ定時で終われる様に協力しています。
積極的に声をかけあって手伝っています。曜日によって異なる片付けもあるので確認しながら対応しましょう。
18:00
退社
退社前に翌日のスケジュールを作成し、退社しています。
毎日の業務は決して少なくありません。前日にしっかり予定を立てて、翌日の行動を考えておきましょう。

社員の紹介