営業職の1週間 -業務の流れ-
賃貸不動産管理営業の1週間
9:30
メール確認・事務作業
オーナー様や協力先から届く連絡や報告について内容を確認し、対応していきます。
日々、様々な連絡が来ますが内容を把握し優先順位を明確にする事が重要です。
又、自分ひとりで抱えず内容に応じて部内に協力を求め対応するも必要です。
11:00
金融機関挨拶回り
金融機関からの紹介案件や、オーナー様へ有益な情報を得る為に、挨拶回りを行い関係を強化していきます。
関係を強化する為に、オーナー様の金融機関の借換えの相談や賃貸市況など有益な情報を提供し、Win-Winな関係を構築できるよう訪問します。日頃から売買や賃貸市況の動きに目を光らせ、有益な情報を提供できるよう学ぶことが重要です。
12:00
昼食
13:00
リフォーム立会
複数の同時進行しているバリューアップ工事や原状回復工事を随時進捗確認し、順調に進んでいるか?工事に不備はないか?等の進捗確認を行い、現地にて完了検査をします。
工事によっては数百万以上の費用をオーナー様へご負担頂く工事もあります。工事完了が遅れると賃貸募集も遅れ、賃料が入らずオーナー様の損失にもつながってしまいます。
工事の目的、内容を把握しオーナー様へ工事してよかったと思って頂ける様に徹底した工事管理を行うことが大事です。
15:00
物件巡回
物件の共用部、空室等の状況を確認し現況の写真を撮影、オーナー様へ毎月の報告書を作成致します。
必要に応じて簡易清掃を行ったり、修繕等のご提案を行い物件環境の向上、維持が出来るようにしていきます。
事前に巡回する物件にどの様な設備があるかを把握し、漏れなく巡回確認が出来るようにする必要があります。
17:00
業者への確認
入居者からの緊急対応等の依頼や進捗・完了確認、問題点の確認を行います。
問題等があれば随時オーナー様へ報告、相談を実施しながら対応を行っていきます。
緊急対応はいわば入居者からのSOSです。
対応が遅れたり、放置すれば退去に繋がる恐れもある為、オーナー様、協力先等としっかり連携し、スピーディに対応・完了する事が重要です。
18:00
オーナー面談
19:30
退社
9:30
メール確認・事務作業
11:00
オーナー面談
所有物件の入退去やリーシングなど近況報告を行い、問題等があれば改善のご提案をします。又、今後の不動産投資や資産形成のご意向をお伺いし、ご希望に応じてご売却やご購入のご相談を承ります。
オーナー様との関係構築において一番、重要な時間となります。
所有物件の状況や課題へのご提案としっかりと準備をして面談を行う事が重要です。
12:00
昼食
13:00
事務作業
15:00
リーシング・ 仲介店対応
賃貸仲介店を訪問し、管理物件の空室をお客様へご紹介頂けるように依頼します。
又、入居斡旋をするにあたって募集条件や近隣の市況等についても意見を頂き、オーナー様の満室経営にお役に立てるように関係強化を行っていきます。
事前にご紹介する空室の内容について把握を行い、物件のアピールポイントをお伝え出来る様に準備をする事が重要です。
18:00
事務作業
18:30
退社
定休日
9:30
メール確認・事務作業
11:00
リフォーム仕様打合
協力先とどの様な内容でリフォームを行っていくかを打合せます。費用対効果の高い工事を目指すため、市況のトレンドを考慮しながら壁紙や床材をどうするか?どの様な設備を設置、交換していくか?と言った内容を打合せしていきます。
壁紙や床材は部屋の顔と言っていいぐらい印象が変わります。その物件のターゲットとなる客層を分析し、慎重に選ぶ必要があります。
12:00
昼食
13:00
オーナー面談
15:00
新規受託営業
担当するオーナー様からご紹介頂いたオーナー様、金融機関からご紹介頂いたオーナー様、相続・投資セミナーにご来場のオーナー様に、現在の管理会社への不満や問題点をヒアリングして弊社管理での改善のご提案をします。
知り合ったばかりのオーナー様となる為、丁寧にヒヤリングを行い、オーナー様のご意向をしっかりとくみ取った提案をする必要があります。
不安や問題点に対して、弊社ならどの様に改善、解決が出来るかをわかりやすく差別化する事が大事です。
17:00
事務作業
18:30
退社
9:30
メール確認・事務作業
11:00
リーシング・ 仲介店対応
12:00
昼食
13:00
新規物件調査
物件の現地確認をし、管理状況、設備状況や周辺環境等の確認を行います。
近隣の賃貸仲介店に物件のイメージや問題点、周辺の競合物件などをヒアリングして市況を確認することも重要です。
現地にはオーナー様が知らない問題点がみつかる事があります。現地確認時のチェックシートを持参し、くまなく確認してご提案や報告が出来る様に意識して確認を行っていきます。
15:00
反響状況の調査・分析
長期間空室となっている部屋や仲介店からの反響が少ない部屋の状況を確認し、原因を分析、早期入居付けに向けた改善案を検討していきます。
状況に応じてオーナー様へ追加工事のご提案、募集条件の見直しをご検討頂く報告書を作成します。
16:30
定例会議
各営業が担当している案件の進捗報告、オーナー様からのご依頼、サービス向上に向けて提案、発生している問題について営業間で協議・相談をします。
又、事務の責任者も同席して部内での業務改善等の相談、検討もします。
17:30
事務作業
19:30
退社
9:30
メール確認・事務作業
11:00
新規受託営業
12:00
昼食
13:00
オーナー面談
15:00
退去立会
退去する賃借人立会いのもと、部屋の状況確認、原状回復工事の説明、賃借人の修繕負担の打合せ、鍵の受け取りをします。
賃借人が修繕負担を認めない場合、オーナー様の負担割合が大きくなってしまいます。
故意過失による破損箇所をしっかり見極め、賃借人の過失分を負担してもらうようしっかりと原状回復のガイドラインや訴訟事例などを理解しておくことが重要です。
16:30
入居前チェック・工事完了確認
協力先に依頼した工事が不備なく完了しているかを確認すると共に、入居後に問題となる汚破損や設備等に不備がないかを確認していきます。
入居後に不備があると賃借人からクレームが入り、賃料の減額が必要となる場合もあります。オーナー様にご迷惑をかけないよう、入念に工事完了されているかどうか確認する必要があります。
18:00
事務作業
19:00
退社
定休日
※水曜・日曜・祝日休み
※月1〜2回程度の日曜出勤があります。
※お客様・オーナー様あっての仕事になるので状況によって残業時間の増減はありますが、定時で帰れる時は速やかに退社しています。